市電・路線バスの1日乗車券が続々モバイルチケットに対応

ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区)は、全国の路線バスや路面電車の紙チケットで運用する1日乗車券などをモバイルチケット化し提供しています。道内では2020年11月以降、札幌市電、旭川市内の路線バス、北見市内の路線バスで対応が始まっており、利便性が高まっています。

乗車券もスマホ一つでキャッシュレス対応に

同社は日本での総代理店契約をしている英国Masabi社のモバイルチケットサービス「Justride(ジャストライド)」を採用し、その技術を使ったモバイルチケットサービスを全国の公共交通機関で拡大しています。

サービス利用者は、自分のスマホ一つで、キャッシュレスで乗車チケットを購入することができます。また、チケット購入場所に行く時間や手間を省き、非接触による運用を実現して感染症拡大の時代に対応することができています。

チケットの購入は、ジョルダンが運営するアプリ「乗換案内」(多言語版「Japan Transit Planner」)の「チケット」から可能。バス乗車時には、Myチケットからパスを表示し、降車時にパスを提示して利用します。

札幌市電の乗り放題チケットもキャッシュレス・モバイルチケット化

北海道では2020年11月の札幌市電の1日乗車券を皮切りに、旭川市(旭川電気軌道・道北バス)、北見市(北海道北見バス・北見市営バス)で利用することができます。

札幌市電1日乗車券、どサンこパス

2020年11月16日に提供開始したのは、札幌市電「路面電車1日乗車券」(大人500円・こども250円、路面電車1日乗り放題)および「どサンこパス」(大人1名・こども1名370円、土日祝日及び年末年始に1日乗り放題)。一般財団法人札幌市交通事業振興公社が紙チケットで販売してきたチケットをモバイルチケット化したものです。

1日乗り放題チケットを利用することで、札幌市電全線が乗り放題に。札幌中心部の大通・狸小路・すすきのをはじめ、藻岩山ロープウェイ、中島公園などへ手軽に移動することができるようになりました。

あさくるパス1日券・2日券

2020年12月1日に提供開始したのは、旭川電気軌道株式会社および道北バス株式会社が紙チケットで販売してきた「あさくるパス1日券・2日券」。旭川市内の観光スポットを2社の路線バスで巡ることができ、さらにエリア内の観光施設の優待券も付いているお得な共通乗り放題チケットです。

あさくるパス1日券(大人1,200円・小人600円)、あさくるパス2日券(大人1,800円・小人900円)を利用すれば、旭川市科学館サイパルの団体料金適用、旭川市博物館の大人料金割引、上野ファーム入園料割引、高砂明治酒蔵2000円以上買い物で猪口プレゼント、あさひかわラーメン村10%割引といった特典が受けられます。

北見バスフリーパスチケット1日券

2021年3月15日に提供開始したのは、北海道北見バス株式会社が紙チケットで販売してきた「北見バスフリーパスチケット1日券」(2,000円)。北海道北見バス全路線(北見市、紋別市、津別町、美幌町、大空町、遠軽町、湧別町、訓子府町、置戸町、陸別町)および北見市営バス運行路線の路線バスを利用することができます。

このチケットでサロマ湖、北見ハッカ記念館、山の水族館、女満別空港とのアクセスまで広範囲に利用することができるので、大変お得です。

最新情報をチェックしよう!
>タイアップ広告を掲載しませんか?

タイアップ広告を掲載しませんか?

年間2800万ビューを誇る北海道情報メディア「北海道ファンマガジン」では、記事広告・バナー広告・SNS広告・動画広告などの掲載を承っております。北海道に関する発信はお任せください。

CTR IMG