編集部
AUTHOR

編集部

北海道ファンマガジン編集部。北海道観光マスター有資格者の編集長が監修し、編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。

  • 2022/01/17

「ふくしまの逸品フェア」札幌駅西口で開催

2022年1月20日(木)~23日(日)10時~18時にJR札幌駅西口イベントスペースにて「ふくしまの逸品フェア」が開催されます。あらゆる食のシーンに合わせた食材や、お酒に合うおつまみ・ごはんのおともとしてお米に合う食材など、福島の逸品が並ぶイベントです。

  • 2022/01/12

北海道と言ったらカニ!毛ガニ・タラバガニ・ズワイガニ・花咲ガニをくまなく紹介

北海道のおいしい食材……と聞いて、まずカニを思い浮かべる人も多いのでは?そう、北海道はカニのうまい産地なんですね。「カニ王国北海道」と言われます。なぜかって、それぞれの種類のカニの水揚げ量日本一の港は北海道にあるからです。カニの日本一が多い北海道なのです。この記事では代表的な毛ガニ・タラバガニ・ズワイガニ・花咲ガニをくまなく紹介します。

  • 2021/12/27

一度「ヨソモノ」になったからこそ素敵な出会いや新しい発見があった

北海道の各地域で魅力的な関わり方や働き方を実践している人をゲストに迎え、自身の経歴や活動について興味深いトークが繰り広げられていく、「ひみつキッチン」オンラインイベント。司会を担当するのは、白老町にてフリーランスで広報・PRプランナーとして活躍する山岸奈津子さん。ゲストスピーカーには留萌市地域おこし協力隊の佐伯結さんを招き、山岸さんが「結ちゃん」と呼びかける和やかなムードでトークが開始されました。

  • 2021/12/27

道東に点在する面白いことを繋ぎたい!釧路の案内人 名塚ちひろさんの思いとは

前回、大好評のうちに終えた「ひみつキッチン」のオンラインイベント。北海道の各地域で魅力的な関わり方や働き方を実践している人をゲストに迎え、質疑応答を含めた楽しいトークが繰り広げられます。今回は、司会に北海道カメラ女子の会代表の渡邉真弓さん、ゲストにはドット道東代表理事などを務める名塚ちひろさんの二人によるトークが展開されます。

  • 2021/12/27

北海道の魅力的な地域や人とつながる。「ひみつキッチン」とは?

北海道の普段関わることのできないような素敵な情報がたくさん集まる秘密基地のような場所、それが「ひみつキッチン」です。また、ひみつキッチンでは、北海道との魅力的な関わり方を実践している方々をゲストに迎えた、オンラインイベントを開催しています。今回は、司会に札幌オオドオリ大学学長である今回司会を務めたのは、札幌オオドオリ大学学長である猪熊梨恵さん、ゲストには千葉県から白老町に移住し、カフェバーのあるホステルを営む、株式会社haku代表の菊地辰徳さんの二人による「文化と人とのつながりが生まれるホステル」をテーマにトークが展開されます。

  • 2021/12/22

札幌で人気!全国から注目集まる本格イヤーエステ専門店「マニス」

札幌のイヤーエステ専門店「マニス」(札幌市中央区)が全国から注目を集めています。イヤーエステは全国的にも数少なく、まだ知られていないジャンルのリラクゼーションです。今回は「マニス」のオーナーでイヤーエステティシャンの長瀬梨々花さんを取材しました。

  • 2021/12/15

全47都道府県を制覇したくら寿司を紹介!札幌のお店はどこ?

回転寿司チェーン「くら寿司」を運営する くら寿司株式会社(本社:大阪府堺市)は2021年7月15日、北海道1号店を札幌市白石区に出店。続いて9月に2号店となる札幌八軒店もオープンしました。今回はくら寿司ならでは特徴や、札幌にある2店舗の詳細をお伝えします。

  • 2021/12/08

パリパリに揚がる塩ザンギが人気!テイクアウト専門店「ひろちゃん」とは

塩ザンギとお惣菜のテイクアウト専門店「ひろちゃん」。店舗には、次から次へとお客さんがやってきます。お目当ては、看板商品である塩ザンギ。手作り、無添加、パリパリに揚げた塩ザンギは、飛ぶように売れていきます。しかも、店頭には「塩対応しかできません」の文字も。「ひろちゃん」とはいったい?お店を直撃しました。

  • 2021/12/01

やお八が札幌に新店舗を次々オープン!八百屋ブランドとしてのこだわりとは

コロナ禍の中、北海道では青果店・八百屋が増えています。中でも勢いに乗っているのが、八百屋ブランド「やお八(やおはち)」。この春に6店舗が開業し、6月、8月、9月にも札幌市内に新店舗が誕生。12月には新たに手稲店もオープンしました。やお八の八百屋としてのモットーは「3つのイキ」です。

  • 2021/11/26

ほぼ北海道限定!日糧製パン「ラブラブサンド」約40年の歴史に迫る

食パンで挟んで4辺を圧着したサンドイッチといえば、北海道では「ラブラブサンド」をイメージする人がなくありません。実は北海道で40年近い歴史を誇るロングセラー商品であり、道民のソウルフードとして定着しています。なぜ「ラブラブサンド」というのでしょうか。これまでどんな商品が発売されてきたのでしょうか。その歴史について、製造元の日糧製パン(本社:札幌市豊平区)に聞きました。

  • 2021/11/26

きのとやが2021年、新ブランド「SNOWS」として新商品を冬季限定販売

きのとやグループの株式会社COC(本社:札幌市)は、今冬も2021年11月より冬季限定の生チョコレートサンドクッキー「SNOW SAND(スノーサンド)」を順次販売すると発表しました。今季は、濃厚なバターミルクチョコレート「森ノ木(もりのき)」、マカロンとバームクーヘンのハイブリッドスイーツ「森ノ幹(もりのみき)」の2種類のスイーツを加えた「SNOWS(スノー)」ブランドに一新することになりました。

  • 2021/10/22

カルビー全国厳選素材とコラボ第一弾「ア・ラ・ポテト 羅臼昆布しょうゆ味」

カルビー株式会社(本社:東京都)は2021年10月21日、新たなプロジェクトを発表。カルビーブランドと全国厳選素材のコラボポテトチップス「日本を愉しむ」プロジェクトの第一弾として、「ア・ラ・ポテト 羅臼昆布しょうゆ味」を発売すると発表しました。今後日本各地の魅力的な素材を組み合わせた商品を開発していくとしています。

  • 2021/10/15

北海道くらし百貨店が澄川麦酒とコラボしてクラフトビールを開発

北海道の良品を集めたセレクトショップ「北海道くらし百貨店」(運営:株式会社サッポロドラッグストアー、本社:札幌市)は2021年5月以降、澄川麦酒(札幌市)とコラボレーションしたオリジナルクラフトビールを開発・販売してきました。北海道の美味しいクラフトビールをもっと日常で楽しんでもらいたいとの思いで、クオリティを追求して誕生したクラフトビールは数量限定品。「見つけたら迷わず買ってほしい」と呼び掛けています。

  • 2021/10/08

1皿で1日分の野菜!札幌初のサラダ専門店「キヨハチ チョップドサラダ」

野菜好きの店長が19歳で始めた、札幌市内初のサラダ専門店「キヨハチ チョップドサラダ」がじわじわ人気です。1号店オープンから1年以上たった2021年10月には、3号店を円山にオープン。1日に必要な野菜350gを摂取できる15種類のサラダ、10種類のレモネードを提供するほか、サラダに合う自家製パン「ヒルシカナイパン」の提供も始めました。

  • 2021/10/01

道民向け2倍入り「エリエール北海道ティシューなまらたっぷり」新発売

衛生用紙製品「エリエール」を展開する大王製紙株式会社(本社:東京都千代田区)は2021年10月1日、赤平製紙製の「エリエール北海道ティシューなまらたっぷり」を北海道限定で発売しました。北海道とのタイアップ事業で、世界に挑む北海道の若者を応援するプロジェクトとなります。