くら寿司が北海道進出!ラソラ札幌店オープンで全47都道府県制覇を達成

回転寿司チェーン「くら寿司」を運営する くら寿司株式会社(本社:大阪府堺市)は2021年5月10日、北海道1号店を札幌市白石区に出店することを発表しました。オープン日は7月15日(木)。続いて9月に2号店となる札幌八軒店もオープンする予定です。

唯一の空白地帯だった「くら寿司」

北海道に出店していない大手回転寿司チェーンの一つは、売上規模で全国2位の「くら寿司」でした。2021年5月末時点で482店舗を展開しており、これまで46都府県に出店済み(2020年に福島県に再度出店)。しかし、北の大地北海道は未踏の地でした。

くら寿司は、2020年1月に「2030年までの進出を目指す」と明言していました。今回の出店で、全国47都道府県を制覇することとなります。

くら寿司のセントラルキッチンのイメージ

「まぐろの熟成や、すし酢の製造など、味へのこだわりになる加工・製造を自社セントラルキッチンで行っているため、物流などの関係から、これまで北海道への出店を慎重に検討してまいりました」と同社。

しかし、札幌市内で条件に合う立地や店舗が見つかり、複数店舗の出店の目途が立ったことから北海道進出が叶ったとしており、今回発表された2店舗のほかにも順次店舗網を拡大していくとしています。

くら寿司店内イメージ

今回発表されたのは、7月15日(木)に札幌市白石区にある複合商業施設「ラソラ札幌」(札幌市白石区東札幌3条1丁目1-1)2階に「くら寿司 ラソラ札幌店」。北海道1号店となります。座席数は198席を備えます。

北海道2号店の計画も同時に発表されており、2021年9月に札樽道と農試公園の間の道道452号線沿いに「札幌八軒店」(札幌市西区八軒6条西10丁目453-4)。座席数は199席と発表されています。

顧客価値体験ランキングで2位に選ばれた「くら寿司」

くら寿司は、1977年に大阪にお持ち帰り寿司専門店を創業したのが始まり。

2020年11月、株式会社インターブランドジャパングループ「C Space Japan」が調査した「顧客体験価値(CX)ランキングTM」でディズニーに次ぐ2位、外食業界ではトップを獲得。入店から退店まで店員と対面しないなど、Withコロナ時代に最適化した非接触型サービス「スマートくら寿司」の取り組みが評価されています。

くら寿司のセルフレジ

札幌にオープンする店舗でも非接触型のサービスを提供していく予定です。また、北海道エリア進出に伴って、オープンを記念した限定メニューの販売も予定しているとのことです。

回転寿司チェーン競合がひしめく北海道で、売上高で業界1位の「スシロー」、3位の「はま寿司」、元気寿司の「魚べい」に続き、業界2位の「くら寿司」がついに進出を決定。なお、業界4位の「かっぱ寿司」はいまだに北海道未進出です。