北海道を学ぶ

花畔(ばんなぐろ):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★★★
・読み方 かはん?違います、「ばんなぐろ」。
・由来と意味 アイヌ語「パナウンクル=川下の人(海の族)」より。
・所在地 石狩市花畔
・用例 花畔埠頭、道道273号花畔札幌線、花畔公園、花畔中央バス停、
中央バス花畔団地線、南花畔通線、花畔動物病院、南花畔通、花畔
原野、国道337号線花畔インターチェンジ、花畔大橋、花畔・銭函間
運河、花畔団地、花畔神社、花畔SS、花畔中央会館、花畔浜堤列、
旧花畔村、旧花畔農協(現石狩市農協支店)、花畔環状通、花畔埠頭
通、臨海道路花畔幹線、花畔幹線用水路、花畔中央通、花畔中央通、
花畔公民館、花畔市街浄水場
・備 考 用例に載せている花畔公園とは苫小牧市沼ノ端にある公園で、同
じ読み方をする。しかし、一般に花畔(バンナグロ)といえば、石狩
市の地名を指して言うことが多い。かつては花畔村として独立した
村であったが、樽川村と花畔村が合併するにあたり、お互いから1字
ずつとって花川村とした。石狩市役所も近く、現在では宅地化が進
み、札幌市のベッドタウンとなっており、住所表記も条丁目で区画
整備されている。したがって、用例をあげるならきりがないほどで
ある。北海道難読地名の代表として挙げられる有名な地名である。


花畔(ばんなぐろ):難読地名
花畔(ばんなぐろ):難読地名

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。