文庫歌(ぶんがた):難読地名

NO IMAGE


大きな地図で見る

・難易度★★★★☆
・読み方ぶんこうた?ぶんこか? ……正解はぶんがた。
・由来と意味アイヌ語「プンカルオタ(蔓[=かずら]の絡まる砂浜)」より。
・所在地小樽市塩谷
・用例文庫歌トンネル、文庫歌遺跡
・備 考「蔓」という草が関係しているユニークな地名。小樽市の西部の
海岸線にある地域の地名であるが、現在ではほとんど残されていな
い。小樽八区八景のうち桃内塩谷地区の八景のひとつに「文庫歌か
ら望む岬のつらなり」が選ばれている。また、小樽出身の画家小川
清さんの作品に「冬の文庫歌」がある。後志管内でも難読地名ベス
ト5に入るほどの難読度である。近くにはゴロタの丘、伊藤整の文学
碑などがある。地名のついたトンネルは小樽フルーツ街道にある。


前のページへ
次のページへ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>タイアップ広告を掲載しませんか?

タイアップ広告を掲載しませんか?

年間2800万ビューを誇る北海道情報メディア「北海道ファンマガジン」では、記事広告・バナー広告・SNS広告・動画広告などの掲載を承っております。北海道に関する発信はお任せください。

CTR IMG