北海道を味わう

札幌に続き道内2店舗目!高級食パン「乃木坂な妻たち」が旭川市に開店

  

2019年1月に札幌市内に一号店が開店し話題となった高級食パン専門店「乃木坂な妻たち」。その4号店(道内2店舗目)が2020年10月10日、旭川市に開店することになりました。

札幌・奈良・金沢で人気の高級食パン専門店

「乃木坂な妻たち」は2019年1月に札幌市桑園に一号店を開店。スタイリッシュで文化的な「乃木坂」というイメージを背景に、札幌のマダムたちが乙女のようなドキドキ感で楽しめる店を作りたいとの思いから命名されました。

その後、同年10月には奈良県生駒市、12月には石川県金沢市に出店を続けてきました。今回の旭川店が国内4号店となります。

「乃木坂な妻たち」を運営するのは、1903年に創業し、関東圏で「銀のさら」など飲食事業を展開する株式会社ブリス・デリ&マーケティング(本社:東京都)。各地で高級食パン専門店を大ヒットさせているジャパンベーカリーマーケティング株式会社(本社:神奈川県)の岸本拓也氏にプロデュースを依頼し、旭川市での開店が実現しました。

旭川店は、旭川駅から車で約10分、旭川市東光の道道294号線(東川東神楽旭川線)沿いに立地。17台収容の駐車場を完備、店舗面積は165.25平方メートルです。

札幌に続き道内2店舗目!高級食パン「乃木坂な妻たち」が旭川市に開店
乃木坂な妻たちの紙袋と制服(提供:乃木坂な妻たち)

2斤サイズ食パンを3種類販売

札幌に続き道内2店舗目!高級食パン「乃木坂な妻たち」が旭川市に開店
高級食パン(提供:乃木坂な妻たち)

「乃木坂な妻たち」は、国内のパンの中で最も消費量が多く日常の食を支える食パンにフォーカス。2斤サイズの食パン3種類を提供する予定です。

札幌に続き道内2店舗目!高級食パン「乃木坂な妻たち」が旭川市に開店
プレーンの「豊潤な妻」(提供:乃木坂な妻たち)

「豊潤な妻」(税別800円)は、プレーン食パン(2斤12×12.5×25.5cm)。ほおばった瞬間に深みある香りとコクのある甘さがふわっと広がる風味、耳までふんわり柔らかい食感で、絹のような口溶けと豊潤な味わいを実現させています。

札幌に続き道内2店舗目!高級食パン「乃木坂な妻たち」が旭川市に開店
かぐやひめ(レーズンパン)(提供:乃木坂な妻たち)

「かぐやひめ」(税別980円)は、レーズン食パン(2斤サイズは同じ)。真っ白できめ細やかな生地にサンマスカットレーズンを贅沢に練り込んでいます。割った瞬間にレーズンが輝き、一口食べるとフルーティーでフレッシュな味わいが口の中に広がります。

札幌に続き道内2店舗目!高級食パン「乃木坂な妻たち」が旭川市に開店
ベルサイユ(山型パン)(提供:乃木坂な妻たち)

「ベルサイユ」(税別800円)は、山形パン(12×12.5×25cm)。外はパリパリ、中はもちもち食感のシンプルな味わいで、フランスパンのような食感が楽しめます。トーストしてバターや蜂蜜と合わせると美味しさが引き立ちます。

北海道にはまだ流通していない厳選された九州産の小麦粉を使用し、独自製法で絹のように白くきめ細やかな食感を実現したといいます。

ベーカリープロデューサーによるこだわりの高級食パン

こだわりの高級食パンにはこだわりの食材が使われています。絹のように白くきめ細かなパン生地を実現するために、西方にこだわった、他には真似できない九州産小麦粉を使用。豊潤な甘い香りと濃厚なコクを生み出す国産バター、まろやかな甘味と世界一のミネラル含有量を誇る沖縄県宮古島の地下海水を凝縮したパウダー状の雪塩、厳選した生乳から作られた添加物一切不使用のフレッシュな生クリーム。

おすすめの食べ方としては、当日は生食で、翌日以降は25mmくらいに厚めにスライスしてトーストして。なお、「ベルサイユ」については8~10mmくらいの薄さのトーストにして、冷たいバター、オリーブオイル+塩、蜂蜜+塩を添えるのがおすすめとのことです。

札幌に続き道内2店舗目!高級食パン「乃木坂な妻たち」が旭川市に開店
「ベルサイユ」のおすすめの食べ方(提供:乃木坂な妻たち)

いずれも、「自宅の食事用としても、カジュアルな手土産としても利用していただきたい」とのこと。グランドオープン日となる10月10日および11日には、先着100名にオリジナルパンナイフのプレゼントが用意されています。

乃木坂な妻たち 旭川店

札幌に続き道内2店舗目!高級食パン「乃木坂な妻たち」が旭川市に開店
乃木坂な妻たち 旭川店マップ(提供:乃木坂な妻たち)
所在地旭川市東光5条1丁目5-9
電話0166-73-5490
定休日不定休
営業時間9時~19時
駐車場17台

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。