旅する

知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

オホーツク観光大使・ラウフェンくかです!
広大な土地を持つ北海道では、近年キャンピングカーで旅を楽しむ方も増えてきましたが、宿泊場所に悩む方も多いと思います。

電源を確保したい……
BBQがしたい……
ゴミを捨てたい……

道の駅の駐車場などでは難しいことですが、そんな悩みを解決できる道東初のキャンピングカー、車中泊用の宿泊施設・RVパーク「ウエネウサルみどり」が今年オープンしました! 一体どんなところなのか、ご紹介していきます。

▼受付の建物
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

RVパークはどんな施設?

ウエネウサルみどりは、清里町の緑町に2018年4月オープン。"ウエネウサル"は、アイヌ語で「人が集まり楽しむ」という意味があるそうです。

世界自然遺産知床からも近いところにありますが、摩周湖や屈斜路湖、そして最近人気急上昇中の神の子池やさくらの滝へのアクセスにも便利な場所です。

▼施設には手書きの案内がいたるところに
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

▼最大6台収容可能
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

RVパークの車の収容台数は最大6台。各サイトには100V(15A)の電源が設備されているので、電源を使いたい方にはとてもありがたいですね! 無料Wi-Fiも使えます。

▼100V(15A)の電源
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

1台あたり5m×7mの広めのサイトスペースがあり、椅子やテーブルを出してBBQを楽しむこともできます。24時間使用可能なトイレや、炊事場、炭捨て場、ゴミ捨て場(指定ゴミ袋は有料)もあるので、キャンプ場のような感覚で使えます。

▼広々としたスペース
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

▼ゴミは分別して捨てる
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

▼炭捨て場
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

そして、愛犬家の方にはとっても嬉しいミニドックランも! 大切なペットと一緒に作る思い出は、特別なものですよね。取材した日もたくさんのワンちゃんが、ドッグランに集まって遊んでいました。

近年は道の駅の駐車場で宿泊する人も増えていますが、マナーの問題も色々出てきているので、こうして専用の宿泊施設ができるのはとてもよいことだと思います。

▼愛犬家には嬉しいミニドッグラン
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

▼ペットの足洗い用の水
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

足湯に浸かって疲れを癒そう

車の中に長時間いると、足が疲れますよね? ウエネウサルみどりには、旅の疲れを癒してくれる足湯があります。

お湯は天然温泉で、源泉掛け流し。色は無色透明です。足を入れてみると足湯にしては少し深く感じたので、思わず全身で入りたくなってしまいますが(笑)、あくまで足湯として利用しましょう。

温度は少し熱めに感じましたが、慣れてくるととても気持ちよくて、しっかり足も温まりました。この辺は星もすごく綺麗に見えるとのことで、夜は星を見ながらまったり足湯なんていうのも気持ちよさそうですね!

温泉に入りたくなったら、近くに温泉施設「緑の湯」もありますので、そちらもオススメです。

▼足湯の入口
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

▼源泉かけ流しの天然温泉
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

▼気持ちいい!
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

なぜ道東にRVパーク?

ウエネウサルみどり代表の菅野又康彦さんは、元々札幌市でトラックの運転手をされていましたが、旅で訪れていた道東や知床が好きで2014年に札幌から清里町へ移住。

バスの運転手として働いていましたが、道東の自然の魅力を観光客に楽しく伝えたいとの思いから、自然ガイドの仕事で独立しました。

そして車中泊で奥様と色々な場所を旅行しているうちに、道東にもこんな場所があったらいいなという思いを形にしたのが、ウエネウサルみどりです。

それまでは、観光客として人に迎えてもらう立場だった菅野又さんですが、知床や清里の自然を楽しむ観光拠点として今度は人を迎える立場になりました。

▼代表の菅野又康彦さん
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

「シンプルで手作り感溢れるRVパークですが、旅をする方には快適に楽しんでもらいたいし、今後も道の駅の駐車場では味わえないような喜びを提供していきたい」と、菅野又さん。

RVパーク内に設置したキャンピングカーでの、キャンプ宿泊体験ができるサービスも現在企画中とのことでした。車内では電源、テレビ、冷蔵庫、電子レンジが使用できる他、FFヒーターもあり秋、冬でも利用できるということで、キャンピングカーの購入を考えている方や、気軽に宿泊体験をしてみたい方にはとっても嬉しい話ですね!

▼キャンピンカーでの宿泊体験も予定中
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

ウエネウサルみどりでは、観光・自然ガイドのアクティビティプランもありますので、そちらもオススメです。

▼ロゴマークにはアイヌ文様も
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

4月に行われたオープニングイベントでは、laufenとしてライブ出演させていただきました。キャンピングカーも展示されていたので実際に中も見学してみましたが、快適すぎて普通に住めそうだと思いました(笑)。いつか私も車の免許を取って、キャンピングカーで北海道を旅行してみたいです。

▼オープニングイベントの様子
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

▼ステージトラックも用意された
知床・清里の観光拠点に!道東初のRVパーク「ウエネウサルみどり」

菅野又さんの熱い思いでオープンした、ウエネウサルみどり。手作り感溢れる施設で、とってもハートフルでした。

キャンピングカーはもちろんですが、普通の車でも車中泊をすることができますので、いつもより快適な車の旅をしてみてはいかがでしょうか?

ウエネウサルみどり
所在地:北海道斜里郡清里町緑町71-11
電話:080-9017-4107
利用料金:1台/1泊・2500円(電源有りの場合別途500円)※完全予約制
チェックイン:当日15時~20時
チェックアウト:翌日9時~11時(早朝チェックアウト可)
公式サイト / Facebookページ

写真:克(laufen)

連載「オホーツクまち発見!! 旅紀行」が書籍になりました!

筆者について

アバター

ラウフェンくか

2011年4月1日、札幌を中心に活動するlaufen・Cukaの故郷が世界自然遺産知床・斜里町であることから第14代オホーツク観光大使に任命された。2013年3月に連載スタートした「オホーツクまち発見!!旅紀行」では、オホーツク各地の魅力を発信する。