北海道を学ぶ

染退(しびちゃり・しべちゃり):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★★★
・読み方 「しべちゃり」または「しぶちゃり」。
・由来と意味 アイヌ語「シンプイチャロ、シペツチャリ、シベイチャン、シベ
イチャニなど」諸説あり、意味も「湧き水の出口、鮭の産卵場、本流
が散らばる」など諸説ある。
・所在地 日高管内新ひだか町
・用例 旧染退川、染退橋、染退太鼓、サッシビチャリ沢川、コイカクシ
ュシビチャリ川、シビチャリ山、コイボクシュシビチャリ川、シベチ
ャリ川流域チャシ跡群、染退川土人曳網(ひきあみ)、染退俳句会、
染退ふ化場
・備 考 現在の新ひだか町静内川。1950年までは染退川と呼ばれていた。
明治時代以降は地名としては用いられていないが、静内川河口付近の
地名であったとされている。静内川がシベチャリ川と呼ばれていた名
残は、静内川中流にある「シベチャリ川流域チャシ跡群」に残されて
いる。上流域には、シビチャリという名前を使っている河川名も幾つ
かある。歴史的にも古く、この流域のアイヌの闘争が記録されている
し(有名なシャクシャインもここの首長だった)、流域では江戸時代に
砂金堀りが盛んに行われていたとされる。この河川を題材にした今野
保氏著作「染退川追憶」がある。


染退(しびちゃり・しべちゃり):難読地名
染退(しびちゃり・しべちゃり):難読地名

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。