北海道を学ぶ

凋寒(しぼさむ):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★★☆
・読み方 しぼさむ。
・由来と意味 アイヌ語セイオロサム「貝のいるかたわら」より。
・所在地 十勝管内中川郡池田町
・用例 旧凋寒村、十勝ワイン凋寒赤、十勝ワイン凋寒白
・備 考 現在の池田町の以前の自治体名称。凋寒村として発足し、川合村
と改称し、さらに池田町と改称した。凋寒はしぼさむの他にちょう
かんとも呼ばれた。池田農場があった場所に駅ができたのだが、農
場にちなんで池田駅と名づけたころから、凋寒という地名は一気に
廃れはじめた。現在では地名としても登場しない状況。池田町は、
もともと「しぼさむ」だったんだよ、ということを覚えておけばOK
ではないかと思われる。


凋寒(しぼさむ):難読地名
凋寒(しぼさむ):難読地名

【PR】檜山北部(今金・せたな)の自然と特産品と歴史を感じる旅に出よう!

筆者について

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。