北海道を学ぶ

馬主来(ぱしくる):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★☆☆
・読み方 ぱしくる、ぱしゅくる。
・由来と意味 アイヌ語由来「パシクル」つまりカラスのこと
・所在地 釧路市音別町馬主来、釧路市音別町パシクル湖畔、白糠郡白糠町馬主来
・用例 馬主来沼(バシクルトウ or パシクルトウ=日本の重要湿地No33)、
馬主来川、馬主来橋(ぱしゅくるはし)、パシクル自然公園、パシクル
湖畔、馬主来原野(湿原)、馬主来峠
・備 考 パシクル、またはパシュクルという半濁音の珍しい地名のひとつ。
馬主来は、釧路管内にあり、白糠町と旧音別町(釧路市音別地区)の境
界に位置する。馬主来川がほぼ市町境界線となっていて、河口付近に
は馬主来沼と自然公園が、そして近くの国道には馬主来橋がかかって
いる。また、白糠町のJR根室本線古瀬駅の北には馬主来峠もある。馬
主来という住所表記は旧音別町にも白糠町にもあり、またがっている
ことがわかる。由来はアイヌ語のカラスだが、ここでカラスが鳴いて
いたことなどから命名され、命名物語は諸説あるらしい。馬とあるが
馬がいっぱいいたわけではない。


馬主来(ぱしくる):難読地名
馬主来(ぱしくる):難読地名

【PR】檜山北部(今金・せたな)の自然と特産品と歴史を感じる旅に出よう!

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。

Leave a Comment

CAPTCHA