「きかない」という北海道の方言はどういう意味?


4位「きかない」=気が強い・言うことをきかない (例:きかない子だねぇ)


 「わんぱく」「気が強い」「言うことを聞かない」という意味の言葉。場合によっては「健康な」という意味でも使われているらしいがまれである。東北地方でもこれと同様の言葉使われている。由来は標準語の「言うことを聞かない」から。この言葉は道産子でも使わない人は使わない。

 主に子供や犬などについて使われる言葉。「きかない犬だべ」「きかない子供だ」など使うことが多い。特に子供については、きかない子供のことを「きかん坊」という言葉もあるが、これは標準語として辞書に掲載されている。常識あるはずの大人にも使われることがあるが、比較的例はない。

 ●使用例:「きかない坊やねぇ」「きかない犬だ」「きかないから風邪ひかない」

最新情報をチェックしよう!
>タイアップ広告を掲載しませんか?

タイアップ広告を掲載しませんか?

年間2800万ビューを誇る北海道情報メディア「北海道ファンマガジン」では、記事広告・バナー広告・SNS広告・動画広告などの掲載を承っております。北海道に関する発信はお任せください。

CTR IMG