北海道を学ぶ

道内近代水道発祥地は?

 現在では当たり前のように利用している上水道ですが、100年以上も前に
は、都市部の水道は整備されていませんでした。西洋式近代水道と呼ばれ
る水道は、河川の水をろ過し、飲料水として鉄管を通していつでも給水す
ることができる水道のこと。

 国内初の近代水道は1887年に横浜で始まりました。2番目はどこでしょう
か。函館です。函館水道は北海道の近代水道のさきがけとして整備され、
実はある意味で国内初でもあります。また、道内には他にも国内初の近代
水道施設があります。今回は道内の近代水道をクローズアップします。

道内初の近代水道「函館水道」!

 横浜の国内初の近代水道は、外国人の設計・監督によるものでしたが、
国内2番目の函館水道は、日本人の設計・監督によるもの。その点では国内
初の近代水道です。江戸時代のペリー来航の際に開港した国際的な町であ
り、東京にまだ近代水道がない時に、横浜や函館にはありました。

 実は函館は、細長い砂州という地形のため、水利の便が悪く、しかも風
が強いために、火災が発生するとたちまち町全体に広まりました。大火に
始まり、コレラの流行もあったりして、水道整備を求める声は高まってい
きました。

 1879年(横浜水道完成前)に開拓使による調査がはじまりましたが、この
とき大火が発生し、計画は中止。全国初のはずだった函館水道工事は、横
浜の次に行われることになりました。

 1888年、ようやく函館水道敷設許可があり、平井晴二郎などにより監督
がなされました(日本人による初の近代水道)。函館水道は翌年1889年9月20
に完成しました。函館水道の「元町中区配水池」は、1985年に近代水道
百選の一つとして選ばれ、現在にいたるまで現役で活躍しています(函館水
道発祥地=元町公園)。

函館→岩見沢→小樽へ広まっていった!

 近代水道の道内2番目は、当時2番目の都市であった小樽ではなく、意外
なことに「岩見沢」でした。これは、空知の石炭鉄道輸送の集積地として
人口が増加していったこと、暴れ川が多い泥炭地であったことが関係して
います。

 1908年、国内13番目・道内2番目の近代水道として「一の沢水源池」から
の給水が開始されました。水道専用池が設置されたのは道内初のことで、
現在は桂沢ダムが空知南部に給水していますが、それが完成するまで活躍
していました。函館同様「近代水道百選」に選ばれました。

 すぐ後「小樽」にも近代水道が整備されました。1914年に完成した「奥
沢水源地」は、当時の最先端技術を用いて建築されました。これも「近代
水道百選」の一つで、現役です。

道内にある国内初の近代水道設備!

覆蓋付緩速ろ過池(ふくがいつきかんそくろかち=旭川市)……寒い北
海道ならではのレンガ造りで、国内初とされるレンガ造りの覆蓋が特徴。
1913年。旧陸軍第七師団が整備した軍用水道。

笹流ダム(ささながれ=函館市)……国内初のバットレスダムを採用し
た。1923年。

藻岩第一浄水場(もいわだいいち=札幌市)……クロラミン法という消
毒方法を採用した国内初の水道施設。1937年~1971年。

白川浄水場(札幌市)……ダイレクト・デジタル・コントロール(DDC)
方式を採用した国内初の浄水場。1971年。

※上記いずれも近代水道百選。

筆者について

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。