高島駅(たかしま):ふるさと銀河線

住所十勝管内中川郡池田町字高島8-1
開駅1910年(明治43年)9月22日
由来高島嘉右衛門の高島農場内に開駅したことから。
キロ起点の池田駅から累計11.5km

← 様舞駅5.8km
<高島駅>
大森駅5.0km →


詳細
 昭和初期に建築されたとされる風情あふれる木造駅舎が1番ホーム側に、またこちらも古い木造建築の待合室が2番ホームにそれぞれあるが、現在は無人駅。かつては有人駅であり、CTC化により1998年4月1日以降無人となった。駅舎の前には大きな木があり、駅舎との相性は抜群である。相対式2面2線であり、上下線の列車がすれ違うことが出来る交換駅でもある。ホームは向き合っておらず、間に乗降客用踏み切りがある。駅の横にはかつて使われていた転轍機も残されていた。

 付近は、池田から置戸へ通じる国道242号線と道道237号との合流点でもあり、高島という比較的大きな集落が形成されている。そのため乗降客も高校生を中心に割かし多め。快速銀河も停車する。

2006年3月18日現在の時刻表※池田駅の上り・北見駅の下りは着時刻

上り下り
6:37 足寄→帯広
7:52 陸別→帯広
8:34 置戸→池田
10:06 北見→池田
11:31 北見→帯広(快速)
14:53 陸別→池田(交換)
17:21 北見→池田
19:33 北見→池田
5:16 池田→足寄
7:10 池田→北見
10:08 池田→北見
12:15 池田→陸別
14:53 帯広→北見(快速・交換)
16:37 池田→北見
18:13 帯広→北見
20:53 池田→陸別

※上り8本、下り8本、うち快速1往復

駅構内線路図(略図)





最新情報をチェックしよう!
>タイアップ広告を掲載しませんか?

タイアップ広告を掲載しませんか?

年間2800万ビューを誇る北海道情報メディア「北海道ファンマガジン」では、記事広告・バナー広告・SNS広告・動画広告などの掲載を承っております。北海道に関する発信はお任せください。

CTR IMG