北海道トピックス

から揚げの1か月あたりの消費量―全国第3位は北海道と判明!

  

株式会社ニチレイフーズ(本社:東京都)は2020年10月1日、鶏のから揚げに関する意識・実態調査として行った「全国から揚げ調査2020」の結果を発表。北海道が全国3位の消費量を誇っていることが判明しました。

好きなおかずランキングで「から揚げ」が1位に

日本唐揚げ協会は2018年以来、毎年10月を「から揚げ強化月間」とし、全国のから揚げ専門店などとともに、から揚げのさらなる普及、消費拡大に向けた取り組みを行っています。

10月が強化月間である理由は、行楽シーズンであり、から揚げのお弁当利用が最も高い月であること、そして「10」の語呂合わせ(じゅわっと、ジューシー)、干支の10番目が「酉」であることなど。から揚げと相性が良い月であるようです。

ニチレイフーズは、このから揚げ強化月間に合わせ、2020年8月にインターネットによるアンケート調査で、「全国から揚げ調査2020」を実施。全国の男女14,056名から回答を得ました。

から揚げの1か月あたりの消費量―全国第3位は北海道と判明!
好きなおかずランキングでから揚げが堂々の1位に(提供:ニチレイフーズ)

それによると、全29品のおかずから好きなものを選んでもらう「好きなおかずランキング」で、焼肉や餃子を抑えて から揚げが堂々の1位に。全体の72.4%がから揚げを選択したほか、調査回答者の約90%がから揚げを好きだと回答しました(好き60.4%、やや好き27%)。いずれの年代層でもから揚げを選択していることから、年代や性別を超えて幅広い人から愛されていることがわかりました。

年間から揚げ消費個数がコロナ禍で増えた?!

から揚げの1か月あたりの消費量―全国第3位は北海道と判明!
2020年はから揚げの消費量が大幅アップ(提供:ニチレイフーズ)

同調査ではまた、全国のから揚げ消費個数を推計で算出。2020年は年間換算で約417億個のから揚げが消費される見込みであることがわかりました。昨年2019年の推計値が約250億個だったことを考えると、前年比167%の増加です。さらに、1か月以内のから揚げ喫食有無では「あり」が77.9%と、昨年比約122%増であることがわかりました。

今年は新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響でおうち時間が増加し、から揚げの需要が高まったことが要因であると考えられています。

から揚げの1か月あたりの消費量―全国第3位は北海道と判明!
手作りから揚げと冷凍からあげの調理時間の差(提供:ニチレイフーズ)

手作りから揚げにかかる調理時間を調べた調査結果では、1世帯1回あたりの平均は34分32秒。都道府県別では大分県が36分53秒、逆に最短は鹿児島県の26分という結果が出ており、10分以上の差が出ました。

から揚げ1か月あたり喫食個数ランキングで北海道が3位に

から揚げの1か月あたりの消費量―全国第3位は北海道と判明!
都道府県別のから揚げ1か月喫食個数ランキングで北海道が3位に(提供:ニチレイフーズ)

から揚げを1か月に食べる個数(喫食個数)の調査では、都道府県別に結果を公表。最も多かったのは大分県の56.5個、2位は千葉県52.0個で、3位は北海道51.8個となりました。逆に最も少なかったのは徳島県の23.5個で、1位の半分以下の結果になりました。同社によれば、北海道では鶏のから揚げとザンギの区別を行わずに調査しているとのこと。

また、から揚げを1ヶ月に1回以上食べている人の割合(喫食率)を都道府県に調べた結果では、宮崎県が82.3%でトップ。次いで青森県、山口県、高知県が82%で道率2位。10位までの県でも80%以上の割合を記録しました。

都道府県別で見ると、鶏肉の好きな部位で特徴が見られることがわかります。鶏もも好きの1位は鹿児島県、鶏むね好きの1位は群馬県、手羽先好きの1位は沖縄県という結果になりました。全体的には鶏もも、鶏むね、手羽先の順で人気がありました。

(調査結果:ニチレイフーズ調べ)

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。