北海道を味わう

モスバーガーがご当地シェイク「北海道富良野産メロン」を地域限定発売

  

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(本社:東京都)は2020年10月1日(木)、ご当地シェイク「まぜるシェイク 北海道富良野産メロン」と「まぜるシェイク 沖縄雪塩シークワーサー 宮古島雪塩使用」を北海道エリアと沖縄エリアのモスバーガーで地域限定・数量限定で新発売します。北海道にいながら沖縄の味、沖縄にいながら北海道の味を楽しむことができます。

地元愛をテーマにしたご当地シェイクシリーズの北海道&沖縄版

同社広報によると、モスバーガー加盟店から地元のものでなにかできないかとの声が寄せられたことから、2020年8月14日以降、日本各地の食材をシェイクにアレンジして地域限定販売するご当地シェイクを次々と新発売してきました。

神奈川・東京地域限定で「まぜるシェイク 湘南ゴールド」、栃木・群馬限定で「まぜるシェイク とちおとめ 栃木県産とちおとめ使用」、新潟限定で「まぜるシェイク ル レクチェ 新潟県産ル レクチェ使用」、埼玉限定で「まぜるシェイク 埼玉県産いちご」、愛知・岐阜・三重・富山・石川・福井限定で「まぜるシェイク 五郎島金時 石川県産五郎島金時使用」、青森・山形・岩手・宮城・秋田・福島限定で「福島白桃シェイク 福島県産あかつき使用」を発売。いずれも好評で、予定よりも早く完売しました。

モスバーガーがご当地シェイク「北海道富良野産メロン」を地域限定発売
地域限定・期間限定で新発売

2020年のモスバーガーご当地シェイクシリーズのオオトリを飾るのが、北海道・沖縄エリアです。両地域で同時発売となるのは、「まぜるシェイク 北海道富良野産メロン」「まぜるシェイク 沖縄雪塩シークワーサー 宮古島雪塩使用」。北海道エリアと沖縄エリアのモスバーガー67店舗(一部特殊店舗除く全店=北海道46店舗、沖縄県21店舗)でのみ発売となります。

北の北海道と南の沖縄県。両端のエリアがタッグを組んでキャンペーンを実施するのは、同社としても初の試みです。同社広報は、「北は稚内から南は石垣島まで、両エリアが一緒に取り組むのは記憶にない」と話します。

コロナ時代の今、政府のGOTOキャンペーンが行われているとはいえ、移動や旅行に慎重な人もまだ多い状況です。そんな時代だからこそ、北海道にいながら沖縄を、沖縄にいながら北海道が楽しめる企画を同時にやったら面白いのでは?ということから企画はスタートしたそうです。

モスバーガーがご当地シェイク「北海道富良野産メロン」を地域限定発売
北海道・沖縄限定販売の提供イメージ(左が北海道富良野産メロン、右が沖縄雪塩シークワーサー)

なお、モスバーガー北海道エリアでご当地シェイクが発売されるのは約15年ぶりです。2004年に函館市内限定でハスカップとカボチャの「函館シェイク」、2005年に道内全域でカボチャとトウキビのシェイクが発売されたことがあり、今回の北海道富良野産メロンシェイクはそれ以来の北海道ご当地シェイクになります。

北海道は富良野産メロンとビート糖、沖縄はシークワーサーと宮古島の雪塩

今回、北海道からは富良野産メロンと北海道産てんさい糖(ビート糖)が選ばれました。一方、沖縄県からは沖縄県産のシークワーサーと宮古島の雪塩を使っています。

まぜるシェイク 北海道富良野産メロン

以前発売したことのない味であることや、富良野ブランドのイメージの強さを考慮し、メロンの北海道三大産地のひとつ、富良野産メロンに決定。一日の寒暖差の大きい富良野盆地で育ったメロンは、赤肉で香り豊か、濃厚な甘みを感じるメロンです。また、北海道でほぼ全て生産されているてんさい糖(ビート糖)を使って、富良野産メロンの美味しさを最大限に引き出しています。Sサイズ269円、Mサイズ334円(いずれも税別)。

モスバーガーがご当地シェイク「北海道富良野産メロン」を地域限定発売
富良野産メロン

まぜるシェイク 沖縄雪塩シークワーサー 宮古島雪塩使用

沖縄県産のシークワーサー100%の果汁に、宮古島の海水で作られた雪塩などを加えたシロップにバニラシェイクを合わせています。雪塩はまろやかな塩味が特長で、酸味あるシークワーサーの旨味を引き出し、バニラシェイクの甘さをよく引き立たせます。雪塩というネーミングは、雪の降る北海道エリアとのコラボレーションにマッチしています。Sサイズ269円、Mサイズ334円(いずれも税別)。

モスバーガーがご当地シェイク「北海道富良野産メロン」を地域限定発売
宮古島雪塩

沖縄県でも発売前から、北海道富良野産メロンシェイクへの期待値が高いといいます。同社は「地元の果物をシェイクを通して感じていただきたい。同じバニラシェイクでもシロップを帰るだけでこんなにも違うんだと感じていただきたい」としています。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。