北海道トピックス

ドールがGABAバナナ「プレミアムスウィート」を北海道限定で先行発売

  

株式会社ドール(本社:東京都)は2020年10月22日、機能性表示食品のフラッグシップ商品として、GABAバナナ「プレミアムスウィート」を10月下旬、北海道で数量限定で先行発売すると発表しました。血圧対策にオススメのフルーツとして注目されています。

バナナでは初!GABAを含む機能性表示食品として届出

バナナで知られるドールは、血圧が高めの人の血圧を下げる機能があるGABA(γーアミノ酪酸)を含んだ機能性表示食品として消費者庁に届出を行い、「血圧が高めの方に」と表示したバナナの販売を今年5月から開始。これまでに「極撰バナナ」(届出番号E604)、「スウィーティオバナナ」(同E641)、「Dole(ドール)バナナ」(同601)、「低糖度バナナ」(同E602)を販売してきました。

これら機能性表示食品のバナナは、感染症の影響で多くの人が外出を控え、感染症対策として健康管理や食生活に対する意識が高まったことから、発売以降、継続して幅広い年代で好評を得ています。同社が2019年9月に行ったインターネット調査では、血圧が高いと感じている人の約72%が機能性表示食品のバナナを購入したいと回答しています。

同社では、バナナがGABAを含んでいることについてさらなる認知拡大を図るため、機能性表示食品バナナのフラッグシップ商品として、GABAバナナ「プレミアムスウィート」を発売することにしました。

北海道限定で先行発売「プレミアムスウィート」のワケ

ドールがGABAバナナ「プレミアムスウィート」を北海道限定で先行発売
北海道限定発売となる「プレミアムスウィート」(提供:ドール)

10月下旬に北海道で数量限定で先行発売することになったのは、「プレミアムスウィート」(消費者庁届出番号E664)。

「プレミアムスウィート」は、品質管理を徹底しているフィリピンの同社管理園地の中高地で栽培されているバナナを使用。甘すぎず、さっぱりしすぎない、毎日食べても飽きが来ないバナナです。

同社によると「含有されているGABAは1日12.3mgを摂取すると血圧高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されており、可食部120g(1~3本)を食べると、機能性が報告されている1日あたりのGABAの摂取量目安の50%、およそ6.2mgを摂取できる」とのこと。

北海道限定で先行発売する理由について同社マーケティング本部の担当者は、「過去に幾つもの商品で北海道先行発売してきたが、そのすべてが成功してきた。言わずと知れたグルメ王国北海道で、舌の肥えた北海道の皆様にどこよりも早くお試しいただきたい」と話します。今後は全国展開も視野に入れています。なお、10月28日(水)から同商品のテレビCMが北海道エリアでオンエア予定です。

ドールがGABAバナナ「プレミアムスウィート」を北海道限定で先行発売
北海道でCMオンエア予定(提供:ドール)

同社では「GABAバナナ『プレミアムスウィート』を通じ、お客様の健康増進に向け、バナナに含まれるGABAが血圧が高めの方の血圧を下げる機能を持つことへの周知をはかるとともに、商品の研究に取り組み、さまざまな食の提案を行ってまいります」としています。

筆者について

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。