北海道トピックス

レバンガ北海道10周年記念ソング『boundless』をTRIPLANEが制作

  

北海道を本拠地に活動する男子プロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」は2020年9月15日、設立10周年目を記念して、札幌出身のバンドTRIPLANE(トライプレイン)が制作を担当した記念ソング『boundless(バウンドレス)』を今シーズンホーム開幕戦で披露することを発表しました。

レバンガ北海道と親交の深いTRIPLANE

レバンガ北海道は2011年に設立。B.LEAGUE 2020-21シーズンは、設立から10年目のシーズンとなります。

レバンガ北海道が設立10周年を記念したドキュメンタリー映像を制作するにあたり、北海道出身のロックバンドTRIPLANEに10周年記念ソングを依頼しました。TRIPLANEは2014~15シーズンのレバンガ北海道公式ソングも手掛けたほか、自身のミュージックビデオにもレバンガ北海道の選手が出演するなど以前より親交が深く、今回の記念ソング制作の企画が実現しました。

TRIPLANEは「折茂さんをはじめ選手やスタッフの皆さんが歩んできた10年と、これからのさらなる飛躍への期待を、自分たちのバンド活動を重ね合わせて想像して制作した。試合を観に行きたくなるような曲になったと思う。会場のボルテージが更に上がれば」と楽曲制作を振り返りました。

レバンガ北海道 代表取締役CEO横田陽氏は、「10年の軌跡を綴った歌詞やバスケットボールの魅力であるスピード感が表現されたメロディーは、ブースターの皆様にも気に入っていただけると思う」と話します。

2020~21シーズンホーム開幕戦で記念ソングを披露

レバンガ北海道によると、TRIPLANEが制作したレバンガ北海道設立10周年記念ソング『boundless』は、9月中に公式SNSなどで楽曲の一部公開を予定。

また、2020年10月17日(土)16:05 北海きたえーるでTIP OFF 予定の B.LEAGUE 2020-21シーズン ホーム開幕戦(レバンガ北海道 vs 島根シサノオマジック = B1西地区)にTRIPLANEが登場。試合開始前に国歌斉唱するほか、ハーフタイムに『boundless』を披露する予定です。

本楽曲はドキュメンタリー映像内、ホームゲーム会場で使用予定。横田氏は「ご来場の際は『boundless』も楽しみにしていただければ」と来場を呼びかけています。

筆者について

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。