北海道を学ぶ

明治から道民を夢中にさせてきた野球―貴重な写真と共にその歴史に迫る

いつの時代も、どの場所でも、人々の心を熱くさせてきた野球というスポーツ。ここ北海道でも例外ではありません。野球は実に開拓使時代から道民を夢中にさせてきたのです。その歴史を紐解くと共に、現在の野球ファンが心驚かせること間違いなしの展示会を紹介しましょう。

意外と歴史の深い北海道野球

▼札幌農学校の野球部員たち(創設してすぐの頃)(北海道大学大学文書館所蔵 写真提供:北海道博物館)
明治から道民を夢中にさせてきた野球―貴重な写真と共にその歴史に迫る

日本に野球が伝えられたいきさつには諸説ありますが、そのうちのひとつに北海道にゆかりのある話があります。1873(明治6)年に開拓使が現在の東京都港区に開いた札幌農学校の前身である仮学校に、アメリカから赴任した教師が、持参したバットとボールで生徒たちにベースボールを教えたというものです。

そして1876(明治9)年に、札幌に札幌農学校(現在の北海道大学)が開校し、札幌でも校庭でベースボールが続けられました。1877(明治10)年にバットとボールの製作を依頼した文書が残っています。

▼札幌農学校がバットとボールの製作を依頼した資料(北海道大学大学文書館所蔵 写真提供:北海道博物館)
明治から道民を夢中にさせてきた野球―貴重な写真と共にその歴史に迫る
明治から道民を夢中にさせてきた野球―貴重な写真と共にその歴史に迫る

札幌農学校からはじまった野球は、明治30年代には小樽高商(現在の小樽商科大学)や札幌師範学校(現在の北海道教育大学札幌校)など広がりをみせ、対外試合なども行われるようになっていきました。

やがて選手だけでなく応援団や応援する人たちも熱中するようになり、それが加熱してしばしばいざこざを起こすまでに。1910(明治43)年には、とうとう北海道庁立の中等学校野球の対外試合が禁止されてしまいます。それは10年近く続いたといいます。

高校野球

甲子園大会(いわゆる「夏の甲子園」)は1915(大正4)年に、全国中等学校優勝野球大会としてはじまりましたが、北海道は対外試合が禁止されていたため、はじめて甲子園に参加したのは1920(大正9)年に行われた夏の甲子園の第6回大会でした。

▼野球とテニスの対外試合が中止になったことが書かれた校長日誌(北海道小樽潮陵高等学校所蔵 写真提供:北海道博物館)
明治から道民を夢中にさせてきた野球―貴重な写真と共にその歴史に迫る

2017年現在、北海道高等学校野球連盟には、硬式で228校、軟式で15校が加盟しています。ちなみに「春・夏の甲子園」を通して北海道勢の優勝は2004年と2005年の2回で、どちらも駒澤大学附属苫小牧高等学校が栄冠を手にしています(どちらも夏の甲子園大会)。

夏の甲子園で北海道勢ではじめて優勝した駒澤大学附属苫小牧高等学校(2004年)(一般財団法人北海道高等学校野球連盟所蔵 写真提供:北海道博物館)
明治から道民を夢中にさせてきた野球―貴重な写真と共にその歴史に迫る

大学野球

大学野球は、1912(明治45)年に現在の北海道大学と小樽商科大学の硬式野球部の定期戦がはじまりでした。東京六大学野球に日本中が熱中していた昭和戦前期、この2校の戦いは北の早慶戦と呼ばれていました。

現在では、札幌学生野球連盟、北海道学生野球連盟、北海道地区大学準硬式野球連盟、北海道地区大学軟式野球連盟のもと、それぞれの一部リーグを頂点とした熱い戦いが繰り広げられています。

▼北大予科と小樽高商との定期戦について記された日記(小樽市総合博物館所蔵 写真提供:北海道博物館)
明治から道民を夢中にさせてきた野球―貴重な写真と共にその歴史に迫る

社会人野球

社会人野球では、最古のクラブチームが現存します。それは函館太洋倶楽部で、1907(明治40)年に結成されました。それ以来、北海道の各地に企業チーム、クラブチームが次々と誕生していきました。1960年代~1980年代が企業チームが社会人野球をリードした黄金時代でした。

現在では企業の撤退が相次ぎ、企業登録の社会人野球チームはなくなりました。ちなみに現在では、10数のクラブチームが火花を散らしています。

▼函館太洋倶楽部と芽室野球倶楽部、対戦後の記念撮影(芽室町役場所蔵 写真提供:北海道博物館)
明治から道民を夢中にさせてきた野球―貴重な写真と共にその歴史に迫る

プロ野球

日本のプロ野球は、1934(昭和9)年に開催された日米野球のあとに誕生しました。

1934年に現在の読売ジャイアンツの元となる大日本東京野球倶楽部が、1935(昭和10)年には現在の阪神タイガースの元になる大阪野球倶楽部が、1936(昭和11)年には現在の中日ドラゴンズの元になる大日本野球連盟名古屋協会や現在のオリックス・バファローズの元になる大阪阪急野球協会などが発足し、日本初のプロ野球リーグとして「日本職業野球連盟」が設立されました。

▼函館でも開催された日米野球(市立函館博物館所蔵 写真提供:北海道博物館)
明治から道民を夢中にさせてきた野球―貴重な写真と共にその歴史に迫る

北海道では2000(平成12)年まで、札幌市にある円山球場で、毎年夏に巨人軍が試合を行っており、札幌の夏の一大イベントとして道民から注目されていました(正確には、ジャイアンツ以外のチームも試合を開催していますが、その中でもジャイアンツの北海道シリーズがいちばん人気でした)。

その後、2004(平成16)年に日本ハムファイターズが、北海道日本ハムファイターズと名称を改め、本拠地を札幌に移しました。北海道初のプロ野球球団が誕生し、北海道の野球熱はますます過熱していったのです。

▼北海道日本ハムファイターズが北海道に移転し、はじめて日本一になったのが2006(平成18)年(北海道日本ハムファイターズ所蔵 写真提供:北海道博物館)
明治から道民を夢中にさせてきた野球―貴重な写真と共にその歴史に迫る

普段は見られない貴重な資料の数々

現在、北海道博物館では北海道と野球との関わりの歴史を紹介した特別展「-北海道と野球をめぐる物語- プレイボール」が開催されています。

「序章:プレイボール!」からはじまり「第1章:ベースボールがやって来た」「第2章:球児と学生たちの夢」「第3章:強者ぞろいの社会人野球」「第4章:プロ野球を見に行こう」「第5章:くらしのなかの野球」「終章:ゲームセット!」の7つのブースに分けて展示されており、野球ファン垂涎の貴重な資料を見られるチャンスです。2017年9月24日(日)まで開催されていますので興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

▼北海道博物館
明治から道民を夢中にさせてきた野球―貴重な写真と共にその歴史に迫る

また、北海道博物館での特別展の特別コラボ企画として、センチュリーロイヤルホテルでは最上階にあるスカイレストラン ロンドにて野球をモチーフにした特別ランチ「プレイボール!ランチ ~北海道と野球をめぐる物語~」が提供されています。

メニューは「プレイボール!の1品、北海道産飲むフルーツ酢とプティアミューズ カラフルボール添え」「第1章 ベースボールがやって来た、平目と海の幸 彩り野菜の野球ボール見立て グリッシーニと生ハムのバット仕立て サラダ添え」「第2章 球児と学生たちの夢、本日野菜の冷たいスープ ウイニングボールをイメージして」「第3章 強者ぞろいの社会人野球、海老と百合根のボール仕立てと貝類のナージュ 変化球仕立て 殻をミットに見立てて」「第4章 プロ野球を観に行こう、牛肉と彩り野菜のアランチーニスタルヒン投手の剛速球仕立て」「第5章 くらしのなかの野球、マウンドショコラパッション!」「ゲームセットのオーガニックコーヒー」の全7品。北海道博物館での特別展とまさに同じ7章立てで展開するコース料理です。

▼「プレイボール!ランチ ~北海道と野球をめぐる物語~」3,500円(税別)2017年8月31日(木)まで(写真提供:センチュリーロイヤルホテル)
明治から道民を夢中にさせてきた野球―貴重な写真と共にその歴史に迫る

また、センチュリーロイヤルホテルの2階ロビーでは、北海道博物館で展示している資料の解説パネルや身近な野球盤ゲームなど、さまざまな世代が楽しめる約14点や、記念撮影用に同展の告知で使用している投手の顔出しパネルなどが展示されています。 こちらは8月15日までの予定です。

歴史を遡れば、北海道民にとっていかに古くから近しいところに野球があったかということがわかります。かつての野球少年や、今なお草野球を楽しんでいる人、もっぱら野球観戦が趣味だという人、野球への関わり方はそれぞれでも、そこにあるのは変わらぬ野球愛にほかなりません。この先も続いていく北海道野球史を支えていくのは、きっとそうした愛の数々なのでしょう。

取材協力

北海道博物館
所在地:北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
電話:011-898-0466(総合案内)
休館日: 毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は直後の平日) 年末年始(12/29~1/3) ほか臨時休館あり(※2017(平成29)年度の臨時休館は12/14(木)・15(金))
観覧時間: 9:30~17:00(5~9月) 9:30~16:30(10~4月) ※入館は閉館の30分前まで
公式サイト
センチュリーロイヤルホテル
所在地:札幌市中央区北5条西5丁目
電話:011-221-2121
公式サイト
Facebookページ
スカイレストラン ロンド
予約・お問い合わせ:011-221-3008(直通)
ランチ:11時30分~16時(ランチタイムは全席禁煙)
ディナー:16時~23時(L.O.22時/コースL.O.21時)

筆者について

アバター

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。