北海道トピックス

ワレリー・ゲルギエフの集大成!PMF2020の目玉 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

  

札幌の夏の風物詩として、年を重ねる毎に注目を集めているPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌)。今年、PMF2020も何かと話題が多いようで、その概要が少しずつ明らかになってきました。中でもいちばんの目玉と言って過言ではないプログラムが、PMF初のフルプロダクションでのオペラ上演です。芸術監督を務めてきたワレリー・ゲルギエフの最後の年ということもあり、ついに実現するオペラ上演。どうやら、すごいことになっているみたいですよ。

ゲルギエフだからこそ成し得る舞台

▼PMF2019でもパワフルな指揮を披露したゲルギエフ
ワレリー・ゲルギエフの集大成!PMF2020の目玉 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

2015年からPMF6代目となる芸術監督を務めてきたワレリー・ゲルギエフ。ファンにとってはすっかりお馴染みとなったPMFでの彼の姿も、とうとう2020年で見納めです。そんなゲルギエフが、芸術監督としての集大成とも言うべきプログラムに、この夏、取り組むことになりました。それが、モーツァルト作曲の歌劇「ドン・ジョヴァンニ」の全2幕上演なのです。昨年で30回という節目の年を迎えたPMFですが、その長い歴史の中でもオペラをフルプロダクションで上演したことはありません。まさにゲルギエフだからこそ成し得る舞台が、ついにPMFで実現するのです。

▼歌劇「ドン・ジョヴァンニ」の一場面
ワレリー・ゲルギエフの集大成!PMF2020の目玉 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

というのも、ゲルギエフは1978年にマリインスキー劇場(当時はキーロフ劇場)でデビューを果たし、1988年には音楽監督、1996年にはトップである芸術総監督に就任しています。マリインスキー劇場といえば、世界で最も素晴らしいオペラ・カンパニーの劇場のひとつ。その起源は、ロシアの宮廷オペラにまで遡ります。1860年、宮廷オペラがその本拠地として建設したのがマリインスキー劇場なのです。ゲルギエフはトップに就任して以来、定番の演目のみならず、実に多彩なオペラを精力的に取り上げ、上演してきました。つまり、ゲルギエフがPMF芸術監督最後の年にオペラを選んだということは、まさに彼の本気のパッションが詰まった、集大成の舞台となるはずなのです。

世界的に有名なソリストたちが札幌に集結

さて、ワレリー・ゲルギエフの集大成というからには、出演するソリストたちも驚くほど豪華な顔ぶれが揃っています。まず主役のドン・ジョヴァンニを演じるのは、エフゲニー・ニキーチン。

▼エフゲニー・ニキーチン/ドン・ジョヴァンニ役 ©Marco_Borggreve
ワレリー・ゲルギエフの集大成!PMF2020の目玉 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

世界の名だたる劇場に出演している、2メートルを超える体躯を持つバリトン歌手です。まさにゲルギエフによってその才能を見出され、23歳でマリインスキー劇場とソリスト契約を果たしています。彼をよく知るゲルギエフとの共演で、どんなドン・ジョヴァンニを見せてくれるのか、楽しみにしたいところです。

▼ミハイル・ペトレンコ/レポレッロ役 ©Valery Belobeev
ワレリー・ゲルギエフの集大成!PMF2020の目玉 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

ドン・ジョヴァンニの従者であるレポレッロを演じるのは、ミハイル・ペトレンコ。昨年のPMFプレミアム・コンサートでは、マーラーの交響曲8番で見事な歌唱を披露してくれました。世界でもっとも人気のあるバス歌手のひとりと言われ、マリインスキー・レーベルの録音においてゲルギエフとも共演しています。

▼アルビーナ・シャギムラートワ/ドンナ・アンナ役 ©Pavel Vaan
ワレリー・ゲルギエフの集大成!PMF2020の目玉 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

ドンナ・アンナを演じるのは、2007年のチャイコフスキー国際コンクールで優勝して世界的に注目を集めたアルビーナ・シャギムラートワです。ドンナ・アンナ役は彼女にとってまさに当たり役。歌唱や表現力で大絶賛されているソプラノ歌手のドンナ・アンナが札幌に来るとあって、オペラファンならずとも見逃せません。

▼エレーナ・スティッヒナ/ドンナ・エルヴィーラ役 © Ilya Korotkov
ワレリー・ゲルギエフの集大成!PMF2020の目玉 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

最後にご紹介するのは、ドンナ・エルヴィーラ役のエレーナ・スティッヒナです。2017年にマリインスキー劇場にデビューし、直後にマリインスキー・オペラに入団したフレッシュなソプラノ歌手です。今まさに活躍の場をどんどん広げている歌声をいち早くチェックしてみてはいかがでしょう。

▼会場となる札幌文化芸術劇場hitaru
ワレリー・ゲルギエフの集大成!PMF2020の目玉 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

いかがでしたか。ゲルギエフの集大成となる舞台を飾るに相応しい、そうそうたるメンバーが札幌の夏を彩ってくれます。「PMF×マリインスキー・オペラ」が上演されるのは、7月31日(金)と8月2日(日)の2日間。どちらも会場は札幌文化芸術劇場hitaruで、歌劇「ドン・ジョヴァンニ」全2幕を字幕付きイタリア語で上演します。これだけのオペラが見られるチャンスは、なかなかありません。ぜひチケットを入手して、本格的オペラ体験を味わってみてください。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。