過去最多44ブランドが集結!三度目の「札幌モーターショー2016」開幕

2012年2月の初開催以降、2年おきに開催されてきた札幌モーターショー。2年ぶり3度目となる「札幌モーターショー2016」は、2016年1月22日~24日の3日間、札幌ドームで開催され、過去最多となる44ブランド、合計222台が展示される。

回を重ねるごとに増す出展ブランド数

今回の「札幌モーターショー2016~夢は加速する~」は、北海道が持つ地域特性を考慮して、コンセプトカー展示をはじめとするショー要素に加え、「見る」「触れる」「買う」をテーマに、前回以上に進化したモーターショーとして開催される。

四輪・二輪ブランドは国内外30社44ブランド210台、北海道・中小企業基盤整備機構北海道本部などの一般出展ブースで12台、合計222台が出展展示される。出展ブランドは初年度29ブランド、2014年に39ブランドであり、今回が過去最多。また参考出品車や最新車も前回以上の台数が出展され、質量ともに充実したラインナップになる。

今回の特色としては、家族で楽しめる「さっぽろこどもモーターショー2016」を同時開催。「モーターFUNスクエア」、「北のみたいのクルマの絵コンテスト」、例年人気の「さっぽろスイーツカフェ」など多彩なイベントが予定されている。今年の札幌モーターショーガールは田川未空さんと山本愛さんで、撮影会が各日1~3回行われる。24日には旭川市出身の乃木坂46橋本奈々未さんが登場する。

▼オープニングセレモニー

開幕に先立って行われたオープニングセレモニーで、広瀬兼三実行委員長(北海道新聞社社長)は今週道内が暴風雪に見舞われたことに触れ、「フェリーによる車両搬入作業がスムーズにいくか、今日までハラハラドキドキした」と語った。一方、高橋はるみ北海道知事は「水素の活用、自動運転など様々な最先端技術、デザインを道民の皆さんに触れて親しんでもらいたい」と呼びかけた。2012年は12.5万人、2014年は11.5万人が来場しており、今回も10万人以上の来場者を見込む。

注目される出展車両の例

TOYOTA FCV PLUS
発電所にもなるトヨタの次世代FCVコンセプトカー。燃料電池自動車エネカー。ハンドルやシートの収納が可能で、会場でもその様子が見られる。

ダイハツ NORI ORI
超低床フロアと大開口のアクセスドア、電動スロープを採用し、乗り降りのしやすさを提案するコンセプトカー。

NISSAN TEATRO for DAYZ
軽自動車EVコンセプト。仲間とのつながりやシェアが日常的な次世代に向けた車両。車内のインテリアは真っ白で、この白いインテリアをスクリーンに様々な映像を映し出す。

車両出展ブランド(四輪・二輪)
スズキ、スバル、ダイハツ、トヨタ、NISSAN、Honda、マツダ、三菱、レクサス、フォルクスワーゲン、アウディ、メルセデス・ベンツ、メルセデスAMG、smart、BMW、MINI、アルファロメオ、フィアット、クライスラー、ジープ、アバルト、Ferrari、Rolls-Royce、フォード、ジャガー、ランドローバー、ポルシェ、マセラティ、ランボルギーニ、POLARIS、SLINGSHOT、ヤマハ、aprillia、MOTO GUZZI、INDIAN、VICTORY、CAN-AM SPYDER、BOOM、イーグルカスタム、DUCATI、ハーレーダビッドソン、BMW Motorrad、KTM、ハスクバーナモーターサイクルズ(順不同)































札幌モーターショー2016
2016年1月22日(金)~24日(日)9:00~18:00(初日10:00~、最終日17:00まで)
会場:札幌ドーム(公共交通機関をご利用ください)
入場料:当日一般1300円、中・高校生700円、小学生以下無料
公式サイト

最新情報をチェックしよう!
>タイアップ広告を掲載しませんか?

タイアップ広告を掲載しませんか?

年間2800万ビューを誇る北海道情報メディア「北海道ファンマガジン」では、記事広告・バナー広告・SNS広告・動画広告などの掲載を承っております。北海道に関する発信はお任せください。

CTR IMG